29 Jul 2017

中国料理 四川

「四川への道」

名古屋の「中国料理 四川」に行った。


数多くの激辛マニアを泣かせてきた、四川の陳麻婆豆腐。

この麻婆豆腐がどれほどの辛さかと言うと、東海地方のブロガーの中には「東京の激辛好きには完食無理だろうなあ」なんていう挑戦的な記述もあるほど。激辛界では結構有名なこの麻婆豆腐が、2017年の7月末に提供を終了するというので、これはぜひ一度体験しておかねばならぬと行ってきた。


興味本位で注文する者が後を絶たないのか、陳麻婆の価格がこの店を知った時より倍近くに跳ね上がっている。


 食べたのは陳麻婆豆腐+白飯。2250円。


この雑なライスの盛り付け、嫌いじゃない。


もうね、テーブルに置かれた瞬間から目が痛い。


 だが僕にだってプライドはある。曲がりなりにも、蒙古タンメン中本の北極10倍を汁まで完食した男だ。こんな名古屋ごときの麻婆豆腐に負けるわけにはいかない。


 そう意気込みながら5口くらい食べ進めると、まるで口の中でカミソリの刃を転がしているような、鋭い痛みに襲われる。もちろん辛さに負けないくらい旨味も凄いんだけど、そんなこと考えている余裕もないほど猛烈に辛い。いや、辛いんじゃない。痛い。これはあれだ、吉祥寺時代の麺屋鳳で食べたラーメンと同じ痛みだ。身の危険を感じるレベル。


無理をしても病院行きになるのは目に見えており、豆腐を全て食べ終えたところで勇気ある撤退。完食はならず。残念ながら不甲斐ない結果となったが、周りの常連さん達は「おおー、よく食べたねえ」と労いの言葉を掛けてくれた。


住所 愛知県名古屋市港区港楽1-1-5
営業時間 11:00-14:00LO 17:00-21:00LO
定休日 木曜 第3水曜
Webサイト

Blog Archive