16 Aug 2017

とん平食堂

 牛久のとん平食堂に行った。


 食べたのはチャーハン(スープ抜き)+野菜炒め+ライス大+ライス大。1450円。


肉食が続いたので、食物繊維を積極的に摂取していく。

デキる男は普段の食生活から気を抜かない。野菜炒めは、ニラ、キャベツ、玉ねぎ、人参、もやしと具沢山。薄い味付けが素材の味を引き立たせる。これで一ヶ月分の野菜は摂れた。


言ってみれば米も野菜だ。炒めたご飯はご飯のおかず。あゝ、お米の国に生まれてよかった!


完食。


住所 茨城県牛久市東大和田町230-6
営業時間 11:00~22:30LO
定休日 なし
Webサイト http://www.tonpei.jp/

15 Aug 2017

レストラン カタヤマ

 マライヤキャリーは100キロ超えしたというのに、俺は一体何をしているんだ。こんな身体で恥ずかしくないのか!さらなる体重を求めて、東向島のカタヤマに行った。


 ここは墨田区にある超人気洋食店。あまりの混雑ゆえに、店舗横には待合室を併設。待ち時間が長過ぎて、昔はポケベルを渡された記憶もある。


 今回狙うのは、カタヤマで一番手頃なこのステーキ。


 食べたのはグラスステーキ定食1010g+ミディアムウェルダン+ライス大盛り+ライス(大)。7360円(内税)。


 初めからブロック状に切り分けられているのは、「駄敏丁カット」と呼ばれる、ランプ肉の筋を取り除いた技術の証し。鉄板はジュウジュウと官能的な音を立て、今すぐにでもガブリといきたい。ステーキの撮影は一刻を争う時間との戦いである。


 定食のライスを大盛りに。さらに大ライスをセルフでメイク。こんもりとした米のドームは、ステーキにも負けない見事なヴォリュームとなった。待ってろマライヤ。


 うおおおおお肉やわらっけえええええええええ!!

というのは少々大袈裟だが、ほどよい弾力は赤身肉を噛みしめる至上の悦び!この厚みなのに、どこを取ってもスジっぽさゼロ!一番安い肉でこのレベル!7000円クッソ安い。


完食。


住所 東京都墨田区東向島4-2-6
営業時間 11:00-14:30 16:30-20:45 土日祝11:00-20:45
定休日 なし
Webサイト http://dabintyo.jp/

14 Aug 2017

ステーキ千

 お肉が食べたくなったので、つくばのステーキ千(せん)に行った。


今回狙うのは、このお手頃価格の安いステーキ。店員さんに聞けば、なんと1kgオーダーも可能とのことで注文してみる。


食べたのはSenステーキ1000g+ミディアムウェルダン。4500円(外税)。


厚みのある1枚肉だと期待していた1kgステーキ。

その予想は見事にはずれ、普通に500gが2枚やって来た。「これなら何グラムだろうと注文可能じゃん」と思ったのだが、出てくるまでのワクワク感はプライスレス。仕方なく思い描いていたステーキの雰囲気を出すため、重ねて一皿に盛り付けてみる。


重ねたところで見た目の迫力はまったく無いし、想像と色々と違うけど、こういうのも嫌いじゃない。なんたって1kg4500円だからね。クッソ安い。


完食。


住所 茨城県つくば市下広岡1055-11
営業時間 11:00-14:30LO 17:30-21:00LO
定休日 水曜
Webサイト http://www.steak-sen.com/

Blog Archive