23 Oct 2019

スパゲッティーのパンチョ 柏店

低クオリティグルメ動画34作目。


 柏のパンチョに行った。


 食べたのはミートソース星人+目玉焼き。1730円。


 「へっ?これで星人?」

なんてことは申しませんが、見たところ番長サイズくらいのような気がしないでもない柏の星人サイズ。他支店だと星人のサンプルが店頭に置かれてたりするのでその差は一目瞭然なのですが、それと比べて半分くらいのボリューム、といったところ。


でもこの量でも十分にお腹は満たせますし、客が食べ過ぎないよう健康に気遣ってくれるシェフに感謝。完食。


22 Oct 2019

ステーキ食堂 肉の番人

低クオリティグルメ動画39作目。


 茨城県つくば市にある「肉の番人」に行った。


 食べたのは番人ステーキ定食(大)+追い肉(ステーキのお替わり)100g+追い肉(ステーキのお替わり)100g+追い肉(ステーキのお替わり)100g+追い肉(ステーキのお替わり)100g+追い肉(ステーキのお替わり)100g+追い肉(ステーキのお替わり)100g+追い肉(ステーキのお替わり)100g+追い肉(ステーキのお替わり)100g。


 カットステーキおよそ1キロ。赤身なのにやわらくて食べやすく、旨味も十分。


唯一の弱点は、急いで食べないと肉汁が皿に落ちてしまうことだ。完食。


7 Sep 2019

俺の生きる道

 茨城県つくば市にある「俺の生きる道」に行った。食べたのは汁なし+麺増し500グラム+野菜抜き+生卵+生卵+生卵+生卵+生卵+ニンニクアブラ。1100円。


富士丸みたいにアブラと食べれば最高なのに、俺の生きる道では販売されてないゆで玉子。店主さんにその話をしたら「持ち込みでいいですよ」って言うもんだから、その言葉を本気にして持ってきちゃったゆで玉子6個。でも店の売り上げに貢献しないのもあれなので生卵を5個購入した。つまり11個のタマゴと麺増し。なかなかのボリューム。


うっめー。完食。


6 Sep 2019

中華蕎麦 とみ田

 「日本一のつけ麺」や「最強のつけ麺」などと称される、千葉県松戸市の「中華蕎麦 とみ田」に行った。


 食べたのはつけめん(並)+濃厚卵かけご飯(アローカナ種)+濃厚卵かけご飯(アローカナ種)+濃厚卵かけご飯(アローカナ種)。2040円。


麺、きれい。


ドロドロつけ汁うますぎる。


青い卵として知られるアローカナの卵かけご飯。米の上に生卵をただ乗せるのではなく、黄身と白身を分け、白身だけはあらかじめ米に混ぜるという手の込みよう。一応タレも掛けられているのだが   


この卵かけご飯に、つけ汁を混ぜるととんでもないうまさになることを発見。これまで味わったことのない複雑な旨味の応酬。仰け反るうまさに即気絶。


完食。


5 Sep 2019

俺の生きる道

 つくば市にある「俺の生きる道」に行った。


食べたのは汁なし+麺増し500グラム+野菜抜き+生卵+ニンニクアブラ。900円。


 ひたすら麺だけに集中する野菜抜き。縮れた麺のピロピロ感を存分に堪能することが出来る。


完食。


4 Sep 2019

熊田家

 つくばみらい市の熊田家に行った。


 食べたのはラーメン+麺やわらかめ+味玉+ほうれん草+のり+ライス大盛り+ライス大盛り+ライス大盛り。1300円くらい。


 今まで使ったことのない緑色のすりニンニク。何気なくほうれん草に乗せて食べたらとんでもないうまさ。一口で気絶。


これが世に言う「ニンニクのライブ感」か!完飲。


15 Jul 2019

ラーメン二郎 茨城守谷店

 守谷の二郎に行った。


 食べたのは麺半分(豚2枚)+野菜ニンニク。700円。


 しっかり盛られたもやしとキャベツ。このクタ野菜に唐辛子をかけると、キャベツの甘味が引き立つような気がする。豚はむっちり。麺はちょいデロ通常運転。


ちょっと白味掛かったミルキーな微乳化スープ。完飲。


13 Jul 2019

とん平食堂

低クオリティグルメ動画20作目。


 茨城県牛久市のとん平食堂に行った。


 食べたのはチャーハン。450円。


完食。


10 Jul 2019

ラーメン環2家

 神奈川県横浜市にある「環2家(かんにや)」に行った。


 豊富な卓上調味料。だが王道家に飼い慣らされてしまっているせいか、ライス用ニンニクが無いとなんか寂しい。


 食べたのはラーメン+のり+ライス+ライス+ライス+ライス。1300円。


家系に限らずラーメン自体の経験値が乏しいので表現しづらいが、神田の「わいず」と似てるような気がしないでもない赤茶色なスープ。一口啜れば脳にコキーンとくる醤油感。米を多めに注文しておいて正解だった。店員さんは「おいおい、このライス1人で食うのかよ。嘘だろ」って顔してましたけども。


完飲。


9 Jul 2019

オランダ軒

 東岩槻のオランダ軒に行った。


 食べたのはなんか色々。値段失念。


 手もみ麺がうまい。


 ラーメン瞬殺だった。


肉がゴロゴロ入った贅沢なオラカレー。


これは常連さんに貰ったクロワッサンにオランダのチャーシューを挟んだもの。風味豊かなバターのコク、そして生地が幾重にもなるサクッサクの食感。うーむ、これは良いクロワッサンね。完食。


29 Jun 2019

ラーメン二郎 茨城守谷店

 守谷の二郎に行った。


 食べたのは麺半分(豚1枚)+うずらの卵+野菜ニンニク。


 野菜はいつものクタではなくホクホク。スープは微乳化。ふっくらした麺、こりゃうまい。


完飲。


27 Jun 2019

銀座かつかみ

 銀座の「かつかみ」に行った。


 ここは日本で初のコース料理専門とんかつ店。

「とりあえず一番高いのにしときますかー」と涼しい顔で言う友人。シェフのおまかせコース、おひとり様1万2000円から。


 シャンパンで乾杯した。


まず出てきたのは山形牛の生ハム。


常温で溶け出す脂。こうなればもう食べ頃。下に敷かれた洋梨と共にいただく。


 トンカツも色々出てくるが、このヒレカツは表面に浮いた肉汁を先にチュッっと吸ってから味わうというもの。いかにも通が好みそうな食し方だ。


 メンチカツのハンバーガーも出てきた。この一口サイズ、スライダーというやつかな。3秒で胃袋に消えた。


牛カツは白トリュフを添えて。時期的にもう終盤だというこの白トリュフは、1キロ50万円あるとかないとか言いながら料理長がゴリゴリ。


「やり過ぎちゃったなー。まいっかー」と白トリュフがたっぷり乗った牛カツを差し出す料理長。それを見ていた美食家の友人は笑っていたが、コース料金に上乗せされるんじゃないのこれ…?この量で数万円らしい。旨いことは旨いけど、値段が高すぎて味がよく分からん。


 海老や牡蠣などの海鮮系のカツも出てくるので、白ワインと赤ワインを交互に飲みながら〆のカツカレー大盛り。カツ丼なんかも選べる選択制。

「うちはそういう店じゃないから大盛りなんてやらないんだけど、(友人の)顔も知ってるし今回は特別だよ」ってことで盛ってもらった。俺からするとこれでも小盛りなんだけど、ネット画像を漁ってみるとこのカツカレー、それらより確かに量が多い。優しい味わいの挽肉カレーに薄めのトンカツ。赤いのはワイン漬けのらっきょう。


 こっちが本当の〆か。好きなお酒を回しかけていただくかき氷。


選んだのはピンクジン。プレミアムローサ。ごちそうさまでした。


Blog Archive