15 Oct 2018

拉麺人生

人生拉麺1000杯完飲するまで終わりま1000

水海道の人生に行った。


食べたのは人生ラーメン+ゆで玉子。500円。


完飲。


住所 茨城県常総市豊岡町乙1485
営業時間 11:30~13:45LO 18:00~21:00頃
定休日 月曜 第2第4火曜
Webサイト

14 Oct 2018

オランダ軒

 東岩槻のオランダ軒に行った。


 食べたのはしょうゆチャーシューメン+味玉+チャーシュー丼+ライス+ライス。1700円。


 別皿で出てきたチャーシュー。通称、謎肉。


表面は軽く炙られており、箸で持ち上げると香ばしい匂いが食欲を誘う。脂身は多めの部位だが不思議としつこくなく、ふんわりとした甘みと共に舌の上でとろけるような食感が楽しめる。上質な高級豚トロ、もうラーメン屋で食べるチャーシューってレベルじゃねえぞ!


チャーシューをかじりつつ豪快に麺をすする。当然うまい。


お米がすごい盛りだったような気がするんだけど、気付いたらすべての器が空になってた。完食。


住所 埼玉県さいたま市岩槻区東岩槻6-5-3
営業時間 11:00-14:00 17:30-19:30 日祝11:00-16:00
定休日 木曜
Webサイト https://twitter.com/punpui93

12 Oct 2018

とん平食堂

 牛久のとん平食堂に行った。


食べたのは珍味辛口ホルモン+並ライス+味玉+味玉+味玉+味玉+味玉+味玉。1100円。


箸で触るとプヨプヨした半熟味玉。まだら模様が可愛らしい。見た目ほどの塩辛さはなく、タマゴ6個は前菜なので優雅にいただく。


大好きな珍味辛口ホルモン。有り体にいえばピリ辛い豚肉の煮込み。

ホルモンと聞くとプヨプヨしたものを想像してしまうが、これはハラミのようなお肉が柔らかくなるまで煮込まれており結構ボリュームもある。わずか300円でここまで米が進むメニューを私は他に知らない。当然のように並ライスだけでは足りず大ライスを追加注文した。+250円。


 ご飯のてっぺんから箸で穴を開け、そこから生卵を流し込むようにホルモンの汁ごと投入した。グルメなアースドリル工法と言ったところか。ここまで来るとお椀を持ってガツガツかき込むのがむしろ作法。周りの目も気にせず一気にかき込みたい。


うっめー。完食。


住所 茨城県牛久市東大和田町230-6
営業時間 11:00~22:30LO
定休日 なし
Webサイト http://www.tonpei.jp/

11 Oct 2018

けやき 新千歳店

 そういえば北海道まで来たのに二郎以外のラーメンを食べていなかったっけ。ということで、新千歳空港内の「北海道ラーメン道場」にある「けやき」に行ってみた。


すすきので大行列のラーメン店。先日食べた「ステーキひげ」のすぐ近くにも店があり、何だこの行列はと思っていたのがここの本店だった。何故かテーブルの下にはニトリの買い物かごが置かれ、看板の隅にも平仮名で「にとり」と書かれている。気になって調べてみたらあのニトリの親族が経営されているらしい。


 食べたのは味噌拉麺。870円。


 弾力あるプリップリの黄色い麺、これぞ札幌味噌ラーメンって感じ。これは「さがみ屋」という製麺所の麺らしいけど、定番である西山製麺との違いはド素人には分からない。いいんだようまけりゃ何でも。


お腹いっぱいでスープまで飲めんかった。完食。


住所 北海道千歳市美々987-22
営業時間 11:00~20:00
定休日 なし
Webサイト http://www.sapporo-keyaki.jp/

10 Oct 2018

ドライブインいとう グルメワールド店

 新千歳空港のドライブインいとうに行った。


 これまで一度も食べたことがないのに名前だけは知っていたドライブインいとう。本店は十勝にあるみたいだけど、それほどここの豚丼は有名ということでしょうか。


 食べたのはとろ〜り温泉たまご豚丼+ライス大盛り。1242円。


 一口サイズにカットされた豚ロース。タレを絡めたお肉の照り具合いが美しいし、ふっくら炊けたツヤツヤのお米も食欲をそそる。味も濃すぎずお上品な豚丼ですなぁ。温玉崩して黄身のコクをプラスすれば、もう完全に箸が止まりません。


大盛りでも牛丼チェーンの並盛りの量ほどでペロリだわい。完食。


住所 北海道千歳市美々 新千歳空港国内線3階
営業時間 10:00~19:45LO
定休日 なし
Webサイト https://www.butadonmeijin.com/

9 Oct 2018

カラバトカリー

 札幌駅からバスに乗り、定山渓温泉方面に向かうことおよそ30分。カラバトカリーというお店に行った。


 果ての果てまで行ってみないか、これが現地の味   。インターネッツの情報によれば、なんでもパキスタンカレーを提供しているお店らしい。たまたま見つけたカレーの画像があまりにもうまそうで来てしまった。


メニューはこれだけ。カレー1種類のみ。もー、こういう店大好き。


 食べたのはパキスタンカリーセット+大盛。1080円。


 私の知ってるカレーとは大きく異なるパキスタンカリー。カレーと言うよりスパイス風鶏肉の煮込み。ホロッホロの鶏肉が大量に入っている。オイルに溶け込んだ香辛料のスパイス感、トマトの酸味と甘味、生姜の風味が見事に絡み合う。


大盛はご飯2合ほど。これは後で知ったのだが裏メニューで特盛もあるらしい。次札幌来たら絶対食おうと心に誓った。


 きくらげの入った浅漬っぽいサラダも侮れないうまさだった。キャベツやニンジンのポリポリとした歯応えが箸休めになる。


 食後にはあま~いチャイが出てきた。グビグビと一気に飲み干す。


うっめー。完食。


住所 北海道札幌市南区藤野二条12-6-1
営業時間 11:30~20:30
定休日 水曜 第1日曜
Webサイト

7 Oct 2018

STEAK&HUMBURG ひげ 札幌南6条秋水店

すすきのの「ひげ6条店」に行った。


札幌来たらここのハンキングテンダーはぜひリストに入れておきたい。


1キロ近くで350円の大ライスも健在だった。


まずはビールで乾杯。サッポロクラシックとエビスプレミアムブラックをハーフ&ハーフで。


 食べたのはハンキングテンダー500g+小ライス。ビール含めて4250円。


焼肉店的に言えばハラミ、つまり牛の横隔膜のハンキングテンダー。肉質はみずみずしくて柔らかく、繊維を断つように無数の切れ込みが入っておりとても食べやすい。


ひと通り肉を楽しんだら、あとはライスの上にまとめて乗せて、口いっぱい米と共に肉を頬張る。食欲という名の本能的な快楽。幸せってのは単純な方がいい。


肉、米、ビール。うまかった。完食。


住所 北海道札幌市中央区南6条西3
営業時間 12:00-28:00LO
定休日 なし
Webサイト http://hige-style.com/

3 Oct 2018

PIZZERIA Lucci 岩見沢店

真のナポリピッツァ協会認定店を制覇する

 ピザ1枚と出会うためだけに札幌駅から電車とバスを乗り継ぎ、ずいぶんと遠くまで来てしまった。

バス停の時刻表を見ると1日わずか8便。1つ乗り遅れたら2~3時間は待ちぼうけという、車なしでは到底生活できない北の大地の厳しさが身にしみる。(レンタカー借りるのをすっかり忘れてた)


目的地はピッツェリア・ルッチというお店だった。 広大な敷地、公園の中に広がる大草原。雄大な自然の中にお店がある。


 ここは世界で663番目となる真のナポリピッツァ協会認定店。オーナーさん曰く札幌にも系列店があるのだが、ガス釜の関係で認定が取れなかったらしい。


大理石の上のまあるい生地。


 匠の技で手際よく伸ばされながら、まるで滑るようにパーラと呼ばれる木べらの上に移動し薪窯へ。


 シリーズ「真のナポリピッツァ協会認定店を制覇する」。70枚目は北海道岩見沢市「ルッチ」のマルゲリータ。1250円。


 パリッと焼き上げられたコルニチョーネの質感、チーズとトマトソースのみずみずしい感じ、お分かりいただけるでしょうか。この水分量にオイルの量、俺好みなもの。トマトの赤とチーズの白、緑のバジリコの彩りバランスもいい塩梅です。


ハフハフジョルジョルしながら食べるピッツァ、最高。宅配ピザもうまいけど、それではどうしても味わえないこのフレッシュさ。チーズのコクにトマトの甘酸っぱさが合う。


うっめー。完食。


住所 北海道岩見沢市上志文町794
営業時間 11:30~14:30LO
定休日 水曜 ※冬季は土日祝のみ営業
Webサイト http://zebent.jp/

Blog Archive