11 Dec 2017

さかさ食堂

 創業40年超えという古河市のデカ盛り店、さかさ食堂に行った。


ここは古河に住む友人の家がすぐ近くでして、以前から存在は知っていたのですが彼に尋ねてみても「わざわざ食いに来る店じゃないよ?」とのことで放置しておりました。しかし、デカ盛りの聖地と言われた"やよい食堂"が亡き今、こういった店での喫食は僕にとって意義深いものに違いないのです。


 食べたのはカツ丼+ご飯大盛り+おかず大盛り。1000円。


先述のやよい食堂が忘れられなくて思わず注文してしまったカツ丼。店の人気メニューである"にんにく焼き"には目もくれず、デカ盛り店の実力を測るにはベストな選択といえるでしょう。


 丼ぶり物は溢れちゃうという理由で、ご飯とおかずの両方大盛りはやってないらしいのですが、「明日から休業(※)だから何でもやるよ!」との理由で特別に作っていただきました。※2017年11月20日~同12月3日まで


箸を入れた瞬間、衣とお肉がバラバラに。

衣を付けて揚げた意味ないんじゃないかと思うこの剥離具合、お分かりいただけるでしょうか。お肉は噛みごたえあり、ミシミシと詰まった肉質   でもこれがいいんです。デカ盛りB級グルメはこうでなくちゃ。ふわっふわの衣と、味の染みたクタ玉ねぎ、大好き。


カツ2枚分とご飯は2合半くらい。なかなかの量でしたね。完食。


住所 茨城県古河市下辺見2219
営業時間 11:00-21:00
定休日 日曜 第1第3月曜
Webサイト

8 Dec 2017

煮干しラーメンとローストビーフ パリ橋

 ラーメンマニアな人の勧めで、幸手のパリ橋に行ってみた。


 ここは埼玉県で最近話題のラーメン店らしいんですけど、個性的すぎる看板のフォントに入店前から動揺を隠せない。


我慢できずにちょっとスプラッターっぽくしてみたら、違和感なさすぎてビビった。


 主力のラーメンは550円。原材料の高騰が連日のようにテレビで伝えられる中、どのメニューも目を疑うほど安い。


 食べたのはロースト牛タン丼(並)。680円。


 たったの680円で牛タン丼?!おいおい、味大丈夫かよー?と思っていたら、全然うまい牛タン丼だった。


 焼き目を付けた外側コリッと、中はしっとりな牛タン。

肉のサイズ感はバラバラだが、その枚数は20切れ以上と心ゆくまで牛タンを堪能できる。味付けはオーソドックスに塩とごま油。結構雑に散らされた長ネギの辛味が好き。ご飯は肉の量に対してやや少なく、戦略的な箸さばきが必要となる。


完食。ノーラーメンでのフィニッシュです。


住所 埼玉県幸手市中1-6-17
営業時間 11:00-15:00 18:00-23:00
定休日 木曜
Webサイト https://twitter.com/parihashi

7 Dec 2017

麺 酒 やまの

 西新井でマット・デイモンと別れた後は、三鷹でラーメン店をオープンさせるというすーさんさんのお店、練馬のやまのに行った。


食べたのは練馬大ギョーザ(よく焼き)+練馬大ギョーザ(よく焼き)+ご飯。700円。


 1皿300円の大ギョーザ。

皮はやや厚でモチモチ、餡はふっくら具沢山。よく焼きのカリッとした食感が小気味好い。このボリューム、いつ食べても期待を裏切らない餃子クオリティ。でも店主のすーさんさんは「うちなんかより満州の餃子が最強」と頑なに譲ろうとしない。どんだけ満州好きやねん。


深夜の餃子、いいね。完食。


住所 東京都練馬区豊玉北5-23-11
営業時間 11:30-14:00 18:30-25:00
定休日 第2第4日曜の夜 月曜
Webサイト http://ameblo.jp/246taka/

6 Dec 2017

ラーメン富士丸 西新井大師店

 大食い界のマット・デイモン(と僕が勝手に呼んでいる)こと、らすかるさんと西新井の富士丸に行った。


 うーむ、相変わらず食べる量が尋常ではない。

これだけの量を食べてもらすかるさんが健康で居られるのは、同じく大量に摂取するたまごの恩恵に違いない。6キロ程度のボリュームは、心地よい満足感を得られるちょうど良い重さとのこと。この巨大ラーメンを彼がうまそうに食べる動画はこちら→リンク


 優しい目元と顎のラインが、どことなくマット・デイモン(と僕が勝手に思っている)。スマホを構える彼の手を「やだ……指、きれい」と女子目線で眺めておりました。


 食べたのは豚+玉子+全部多め。1230円。


味染みててホロホロに崩れる豚。量がすごい。クタ野菜も好き。


 かために茹で上げられた、モソと粉感ある麺が珠玉の食感。この不揃いな縮れが、得も言われぬ官能的な喉越しを生み出している。あまりのうまさに一心不乱、狂った雄牛のように胃袋に流し込んだ。


うっめー!完食。


住所 東京都足立区西新井1-7-7
営業時間 18:00~24:00
定休日 月
Webサイト

5 Dec 2017

拉麺人生

人生拉麺1000杯完飲するまで終わりま1000

 水海道の人生に行った。


 食べたのは人生ラーメン。450円。


うーむ、何度食べてもうまい。飽きない。味噌汁代わり。ゴクゴク。


完飲。


住所 茨城県常総市豊岡町乙1485
営業時間 11:30~13:45LO 18:00~21:00頃
定休日 月曜 第2第4火曜
Webサイト

4 Dec 2017

拉麺人生

人生拉麺1000杯完飲するまで終わりま1000

水海道の人生に行った。


食べたのは人生ラーメン。450円。


「450円のラーメンだけじゃあれなんで、手羽餃子もください」

メニュー表を眺めながら、横に座っているカップルの男性が注文した。手羽餃子とは、揚げた手羽先の中に餃子の餡が詰まった商品で、人生ラーメンと並ぶこの店の人気メニューだ。一皿2本入りで440円。人生ラーメンとほぼ同じ価格。僕は"あれ"な人なので、500円玉を握りしめて粛々と1杯のラーメンを食べるだけである。完飲。


住所 茨城県常総市豊岡町乙1485
営業時間 11:30~13:45LO 18:00~21:00頃
定休日 月曜 第2第4火曜
Webサイト

2 Dec 2017

ラーメン宮郎

二郎系の辛いラーメンを番付する

 焼肉北京からの帰り道、蒲田のラーメン宮郎に行った。


 ここは二郎系の辛いメニューがあるらしく、さらにMAXさんが豚がうまいと言っていたので、これはぜひ一度チェックしておかねばならぬ。


食べたのは辛いラーメンミニ+ニンニク。780円。


 噂通り肉の迫力がすごい。この肉厚な豚バラ、プリンとした脂身、むっちりとした赤身。味付けは薄く、脂身の甘みがより強く感じるもの。


 ミニサイズでも野菜の量が多いため、せっかくのスープが相当薄まっていた。辛さもほとんど感じない。テイストは西新井「麺屋 鳳」っぽい雰囲気を感じただけに、野菜少なめ、もしくは抜きで注文するのが正解だったか。麺は太く、粉感なしのもっちり食感。


次来た時は辛い汁なしにライス、ありかもしれない。完食。

辛さレベル:☆

プロ向☆☆☆☆☆
痛ウマ☆☆☆☆
辛ウマ☆☆☆
ピリ辛☆☆
ダボ唐☆

住所 東京都大田区西蒲田7-63-9
営業時間 11:00-15:00 18:00-21:00LO
定休日 木曜
Webサイト https://twitter.com/ramenmiyarou

30 Nov 2017

焼肉 北京

 寺門ジモンさんのグルメ番組で(番組の特性上、店名は伏せられているのだが)11月に閉店と伝えられていた平間の北京に行った。


 これだけの有名店にも関わらず、Xデーと思われる11月30日現在、ググってみても閉店を惜しむ声などの確固たる情報は得られず。本当に閉店しちゃったのだろうか。


 キャベツにタレをたっぷりかけたあと、上から小皿でぎゅ~っと潰してフチで切るようにザクザクやるのがこの店の流儀らしい。訪問2回目なのでこの一連の動作も自然に振る舞えたと思う。


 食べたのは上ロース塩焼き+上ロース塩焼き+上ロース塩焼き+ライス(スープ抜き)+ライス(スープ抜き)+ライス(スープ抜き)+キャベツ。税込み7500円くらい。


 肉3人前に対し、ライス3枚の布陣というマンツーマンスタイル。

極上肉を前にやや米不足感は否めないが、最近すっかり食が細くなってしまい3杯で決めた。スープ抜きにしたのは、無駄な塩分は摂らないぞという健康志向のため。デキる男は食への意識も高い。


北京のシグネチャーと呼ばれる"上ロース塩焼き"。さしの入りまくったロースの概念変わるロース肉。っていうか本当にロースなのこれ。


 火の通りが早いから、さっと炙って食べるだけである。


撮影が下手でかなり地味な画になっちゃったんだけど、オンザライス早くかき込みたいが故の衝動としてどうか許して欲しい。


うっめー!完食。


住所 神奈川県川崎市中原区上平間1700-36
営業時間 17:30~
定休日 木曜
Webサイト

Blog Archive