17 Aug 2017

J.S. BURGERS CAFE 新宿店

ダブルチーズバーガー50軒を制覇する

 新宿のJSバーガーズカフェに行った。


 有名セレクトショップ、ジャーナルスタンダード脇の階段を、えっちらおっちら3階まで上がるとお店がある。手すりに掴まりながらとはいえ、膝がグニャグニャなのでこの登りは正直キツい。


 座席を確保してから注文するのがローカルルールのようだ。メニューを見ると、ビッグバーガーの中に目当ての品があった。


 食べたのはダブルチーズバーガー(R)。1650円(外税)。


 チーズ、ドュルドュル。さすがアパレルが手掛けるハンバーガー。隙のないフォトジェニックなこのルックス。


と思ったんだけど、パティをバンズからずらし過ぎているせいで超食べづらい。何とか修正を試みるも、このメルトしまくったチーズがどうにも厄介。結局グチャグチャになってしまい、これ以上の撮影は断念した。


でも確かにうまかった。完食。


住所 東京都新宿区新宿4-1-7
営業時間 11:00-22:00LO 土10:30-22:00LO 日祝10:30-21:00LO
定休日 なし
Webサイト http://burgers.journal-standard.jp/

16 Aug 2017

とん平食堂

 牛久のとん平食堂に行った。


 食べたのはチャーハン(スープ抜き)+野菜炒め+ライス大+ライス大。1450円。


肉食が続いたので、食物繊維を積極的に摂取していく。

デキる男は普段の食生活から気を抜かないもの。野菜炒めは、ニラ、キャベツ、玉ねぎ、人参、もやしと具沢山。薄い味付けが素材の味を引き立たせる。多分これで一ヶ月分の野菜は摂れたんじゃないかな。


言ってみればこの米も野菜だ。炒めたご飯はご飯のおかず。あゝ、お米の国に生まれてよかった!


完食。


住所 茨城県牛久市東大和田町230-6
営業時間 11:00~22:30LO
定休日 なし
Webサイト http://www.tonpei.jp/

15 Aug 2017

レストラン カタヤマ

 マライヤキャリーは100キロ超えしたというのに、俺は一体何をしているんだ。こんな身体で恥ずかしくないのか!さらなる体重を求めて、東向島のカタヤマに行った。


 ここは墨田区にある超人気洋食店。あまりの混雑ゆえに、店舗横には待合室を併設。待ち時間が長過ぎて、昔はポケベルを渡された記憶もある。


 今回狙うのは、カタヤマで一番手頃なこのステーキ。


 食べたのはグラスステーキ定食1010g+ミディアムウェルダン+ライス大盛り+ライス(大)。7360円(内税)。


 初めからブロック状に切り分けられているのは、「駄敏丁カット」と呼ばれる、ランプ肉の筋を取り除いた技術の証し。鉄板はジュウジュウと官能的な音を立て、今すぐにでもガブリといきたい。ステーキの撮影は一刻を争う時間との戦いである。


 定食のライスを大盛りに。さらに大ライスをセルフでメイク。こんもりとした米のドームは、ステーキにも負けない見事なヴォリュームとなった。待ってろマライヤ。


 うおおおおお肉やわらっけえええええええええ!!

というのは少々大袈裟だが、ほどよい弾力は赤身肉を噛みしめる至上の悦び!この厚みなのに、どこを取ってもスジっぽさゼロ!一番安い肉でこのレベル!7000円クッソ安い。


完食。


住所 東京都墨田区東向島4-2-6
営業時間 11:00-14:30 16:30-20:45 土日祝11:00-20:45
定休日 なし
Webサイト http://dabintyo.jp/

14 Aug 2017

ステーキ千

 お肉が食べたくなったので、つくばのステーキ千(せん)に行った。


今回狙うのは、このお手頃価格の安いステーキ。店員さんに聞けば、なんと1kgオーダーも可能とのことで注文してみる。


食べたのはSenステーキ1000g+ミディアムウェルダン。4500円(外税)。


厚みのある1枚肉だと期待していた1kgステーキ。

その予想は見事にはずれ、普通に500gが2枚やって来た。「これなら何グラムだろうと注文可能じゃん」と思ったのだが、出てくるまでのワクワク感はプライスレス。仕方なく思い描いていたステーキの雰囲気を出すため、重ねて一皿に盛り付けてみる。


重ねたところで見た目の迫力はまったく無いし、想像と色々と違うけど、こういうのも嫌いじゃない。なんたって1kg4500円だからね。クッソ安い。


完食。


住所 茨城県つくば市下広岡1055-11
営業時間 11:00-14:30LO 17:30-21:00LO
定休日 水曜
Webサイト http://www.steak-sen.com/

13 Aug 2017

Pizzeria Passo Avanti

真のナポリピッツァ協会認定店を制覇する

 名古屋市街から電車とバスを乗り継ぐことおよそ1時間半。今回のミッションは知多半島の南端、南知多町にあるピッツェリアだ。


乗客は老婆と僕。2人を乗せたバスは、山あいの町を抜けると海沿いの国道を南下していく。途中、リゾートマンションが数軒並ぶ小さなバス停で下車をした。まだ日中の熱気は少しだけ残っていて、海からの風が心地良い。


停留所の名前にもなっている「つぶて浦」。そこは海岸に点在する大きな石。その昔、神々が遠投を競い合った際、伊勢から投げた石がこの場所に落ちたことからそう呼ばれている。


カメラはずぶの素人でも、何となくそれっぽい画像が撮れちゃうのが嬉しい。


そんなパワースポットから徒歩一分。ピッツェリア・パッソ・アバンティが本当の目的地。


広く取られた窓は、くの字状のオーシャンビューになっている。これまで食べ歩いてきたナポリピッツァの中でも屈指のロケーションだ。


ここは世界で662番目となる真のナポリピッツァ協会認定店。


食べたのはマルゲリータ+コーラ。1730円(内税)。


毎度しつこいようだけど、ピッツァはカットしない方が確実に旨いのである。とはいえ丸々一枚は熱すぎてさすがに持てない。ナイフで一刀両断するとチーズがとろり。


指で生地を二つ折りにし、垂れてくるオリーブオイルとチーズをジョルジョル啜りながら豪快に喰らう。人目もはばからぬこの食し方、最高にたまらない。


うまいピザ、海を望む最高の景色。愛知ズルい。完食。


住所 愛知県知多郡南知多町大字内海字小桝82-1
営業時間 11:00-14:30LO 17:00-21:00LO 土日祝11:00-21:00LO
定休日 火曜
Webサイト https://www.facebook.com/PizzeriaPassoAvanti

11 Aug 2017

人生餃子

 名古屋の人生餃子に行った。


 皿台湾、大好き。


 食べたのは皿かれー台湾+麺大盛+辛さふつう+にんにく+大ライス。1050円。


 この前はノーマルの皿台湾だったので、今回はカレーを攻めてみる。サイズは麺大盛り。凄いヴォリューム。小ライスから50円アップした大ライス、その量は確実に2倍以上増えている。


ぐおおおおおおお、やっぱ皿台湾うっめえええええええええ!!

カレー粉を出汁で溶いたのか、粘度あるペースト状のカレーが麺と絡まり、モソモソ感が倍プッシュ。もやしの水気がさり気なくオアシスだ。中華とカレーを、限りなくB級グルメテイストで融合させたこの皿台湾、旨くないわけがない。


 モソモソ麺を堪能していると、最後に野菜だけがどうしても余る。そこで大ライスの出番となるわけだが、米の上にこの野菜と挽き肉を盛り付け、一気にかき込む。


完食。


住所 愛知県名古屋市中川区八剱町3-61
営業時間 11:00~14:30LO 17:00~21:00LO
定休日 月曜
Webサイト http://nagoya.j47.jp/jinseigyoza/

Blog Archive