25 May 2017

FIRE HOUSE

ダブルチーズバーガー50軒を制覇する

本郷のファイヤーハウスに行った。


食べたのはダブルチーズバーガー。1728円(税込)。


ここは1996年からグルメバーガーを提供しているという、老舗中の老舗の有名店。これまでのダブルチーズと比べて、見た目はちょっと大人しいが味は当然超一流。目を見張るうまさだった。


インターネッツの情報によれば峰屋バンズを使用した最初のお店らしく、その焼き色、まあるい形状、白ゴマのまぶし方に至るまで風格が漂う。


クラウン裏にたっぷり塗られたマヨネーズ、これが全然嫌味じゃない。

例えばラーメン屋のまぜそばなんかにマヨネーズが入っていたりすると、もうそれだけでマヨの味に支配されてしまい僕は苦手だったりするんだけど、このマヨネーズ。自家製なのか塩気と酸味が主張しすぎない上品な味。


溶かしすぎないチーズのコクに、パティ2枚の肉々しさ。今はなき「ザガットサーベイ」の東京版で5年連続入賞は伊達ではなかった。俺好みな味のバランスに身体の震えが止まらない。


完食。


住所 東京都文京区本郷4-5-10
営業時間 11:00-22:30LO
定休日 なし
駐車場 なし
Webサイト http://www.firehouse.co.jp/

24 May 2017

味噌王 仲間

行徳の仲間に行った。


偶然にも、大食いタレントであるMAX鈴木さんとDracöさんに遭遇。聞けばまさかのニカタツBLOGをご存知のようで、感極まりながら店主さんを含めて記念撮影。何事も続けていればいいことあるよね。


食べたのは味噌+大盛り+大盛り+大盛り+豚(1枚)+豚(1枚)+バラのり+伝説のたまご+ライス。1800円。


MAXさんもDracöさんも麺10玉くらいだって聞いちゃったもんだから、俺だってたまには食うんだぞ!と言わんばかりに触発されての麺4玉。これでも彼らの半分以下である。やっぱりでかいよすり鉢。


フレッシュなラードとスパイス香る独特な味噌は、仲間の真骨頂。


麺が変わったらしく、その縮れ具合といいブリブリ感が増していた。黄色い色も食欲をそそる。前のもうまかったけどこっちもうまい。


白米で豚を食う。忘れてはいけない大切な儀式。仲間の豚、何回食ってもうまい。


完食。5玉にしてたらきっと死んでた。


住所 千葉県市川市新浜1-2-23
営業時間 11:00-15:00 18:00-21:00(土日は通し営業)
定休日 月火(祝の場合は翌日)
駐車場 なし
Webサイト http://nakamania.com/

ラーメン二郎 茨城守谷店

 守谷の二郎に行った。


 食べたのは小ラーメン+ニンニク少なめ。700円。


クタ野菜、ちょいデロ麺に、まろやかさ極めた微乳化汁。この醤油感、守谷でしか味わえない独特なテイストは、思い出すだけで生唾ものの激ウマ仕様。ニンニクが細かくなってるのは最近の傾向かも。完食。


住所 茨城県守谷市美園4-1-5
営業時間 11:00-14:15 18:00-21:30 土11:00-16:00
定休日 日曜
駐車場 あり
Webサイト https://twitter.com/genkimoriya

23 May 2017

リバーサイド

 ひょんなことから大食いYouTuberのらすかるさんと、我孫子のリバーサイドに行った。


彼が食べるのは、JRスペシャルとむっちゃんスペシャル(左)の2つ。恐ろしいことに両方とも大盛りである。「いやあ、いつもより頑張って盛っちゃったよ」と語るマスターの愛情盛りのせいもあってか、内容量は1皿およそ4キロほど。


伝説のデカ盛りサイト、「テラめし倶楽部」のマエダンゴさんですら極悪凶暴と評したリバーサイドの大盛りを、しつこいようだが2皿なのである。うーむ、完全にどうかしておる。JRスペシャルは通常、 焼きうどんとチャーハンのセットなのだが、今回は特別にチャーハンをカレーに変更してもらった。


キチガイみたいな量を目の前にしても、笑顔を絶やさないらすかるさん。これが僕ならば食べる前から足は震え、額には冷や汗が噴き出し、世界中の誰よりきっと身体中が警報を発していることだろう。


ただスマホを構える彼の目は真剣だった。


僕が食べたのはミートソース大盛り。800円。見た目より挽き肉の旨味効いてて、なかなかうまいスパゲティ。麺はロメスパよろしく、茹で置き麺のモチモチタイプ。たぶん量は1キロ以下。


8キロの炭水化物を、1時間くらいで胃袋に収めちゃう動画はこちら。


住所 千葉県我孫子市布佐3804-2
営業時間 10:00~21:00
定休日 7の付く日
駐車場 あり
Webサイト http://riverside.okoshi-yasu.com/

22 May 2017

新潟長岡生姜醤油ラーメン オランダ軒

 東岩槻のオランダ軒に行った。


 食べたのはしょうゆチャーシューメン+味玉+チャーシュー丼+ライス。1600円。


今回は久しぶりに訪れたという事もあり、初心に立ち返っての醤油味。汁と馴染んだ麺は滑らかに喉をすべり落ち、出汁と生姜の旨味が上品な余韻となって続いていく。


ふと気付けばスープは一滴残らず飲み干し、白米も無くなっていた。最後に残ったチャーシュー丼、これが心の拠り所である。 まだ試作段階というバラチャーは、蓮爾みたいな炙りの巻きチャー。うますぎて死ぬかと思った。


完食。


住所 埼玉県さいたま市岩槻区東岩槻6-5-3
営業時間 11:00-14:00 17:30-19:30 日祝11:00~16:00
定休日 木曜
駐車場 あり
Webサイト https://twitter.com/punpui93

21 May 2017

RAINBOW KITCHEN

ダブルチーズバーガー50軒を制覇する

 千駄木のレインボーキッチンに行った。


訪れたのは閉店時刻ギリギリだった。調理場に居るのが店長さんだろうか、女性が1人で店を回している。こんな時間にやって来た僕を見る彼女の視線は、どこか冷ややかで、いかにも招かれざる客といった具合だ。

「ダブルチーズバーガーください」

「お飲み物は何になさいますか」

「えーっと、じゃあ、お水くだ   

「夜はワンドリンク制ですので!」

少々かぶせ気味に伝えてくる声のトーンから、この気持ち悪い客から店を守らねばならぬという強い意思が伝わってくるかのようだった。


 食べたのはダブルチーズバーガー+コーラ。2520円(税込)。


ドリンク付きとはいえ、テーブルチャージも含めて2520円。なかなかの金額である。


ハンバーガーは見た目からしてソフトでマイルドな印象。ふかふかのバンズは、椎茸みたいなクラウンの切り込みが特徴的。


お肉もほぐれやすく、口溶けの良い食感。このお店は松戸R'sの修行先ということもあり、どこか類似点を見つけようと思っていたのだけれど、最後までその面影を見つけることが僕には出来なかった。


普通にうまい。完食。


住所 東京都文京区千駄木2-28-7
営業時間 17:00-23:30LO 土日祝11:30- 日祝-20:30LO
定休日 月曜
駐車場 なし
Webサイト

ラーメン二郎 めじろ台法政大学前店

 奇しくもこんな場所での撮影が、最初で最後となってしまっためじろ台の二郎。


 ここでの営業はすでに終了し、より駅近に。来週リニューアルオープンするらしい。


 食べたのは小ラーメン+麺かため+アブラましましニンニク少なめ。700円。


めじろ台デフォの黒アブラ。 カエシが染みてしょっぱウマ。富士丸アブラとはちょっと違うシャープな醤油感で、ニンニクと和えて米と食えたら最高だろうねこれ。スープとなるべく混ざらないよう、麺や野菜と頬張るのが肝要。


数ある二郎の中でも、指折りに好きなめじろ台の麺。この日は安定のかためスルーだったけど、この縮れ感、汁の吸い上げ感。やっぱりうますぎて身体の震えが止まらない。


完食。


住所
電話番号 
営業時間
定休日
駐車場
Webサイト

17 May 2017

零一弐三

 船橋の零一弐三(すうじ)に行った。


二郎系ラーメンは休止となり、煮干しメインで再出発の券売機。

周波数の関係で売り切れランプが消えて見えるが、初日の今日は煮干し蕎麦に炊き込みごはん、味玉、のりだけが売られている。濃厚はまだこれからとのことだった。


店内はカウンター8席。奥からではなく手前から詰めていく。待ち椅子もしっかりとあるので多い日も安心。


食べたのは煮干し蕎麦+替え玉(麺のみ)+替え玉(麺のみ)+和え玉。1150円。


 「中華ソバ 伊吹」出身の、あの日の助手さんが作る淡麗の煮干し蕎麦。すっきりでうまい。普段煮干しラーメンを食べない僕に、何がどうとかはさっぱり分からないんだけど、十分過ぎるうまさだった。


替え玉2玉と和え玉(右)は現金で注文。この麺が自家製麺というのはついさっき知った。全粒粉というのか、麺の中に黒い粒が練り込まれている。細くて四角いパツパツ麺。


この麺もうまいからもっと食べたかった。完食。


住所 千葉県船橋市本町7-23-14
営業時間 11:15-13:30 18:30-20:30
定休日 日の夜 月曜
駐車場 なし
Webサイト http://ameblo.jp/shotaroikeda/

Blog Archive