豚丼のまむろ

歌舞伎町や中洲と並び、日本三大歓楽街と呼ばれている札幌すすきの。

そんな物騒な地で45年間も豚丼を作り続けている「まむろ」というお店がある。すすきの駅から店へと向かう道すがら、ピンクのネオンが煌々と輝くソープランドが妙に眩しい。だが寄り道をしている場合ではない。俺は花より団子なのだ。


うまい、新米、食べずには居られまい。


旧店舗は昨年末、ビル火災に巻き込まれて焼失。70歳を超えても折れない不撓不屈の店主と、まむろを愛する者達の後押しがあり、その数百メートル先で見事復活を遂げたという。


せっかくだから一番高いメニューを注文しようか。


食べたのは特豚丼(1.5倍)。2280円。


上豚丼と比べてお肉もご飯も1.5倍の特豚丼、なかなかの破壊力。

味は鰻のタレを想像してもらえれば分かりやすい。ただそれほどの甘さは無く、塩味優位の醤油的な、深みのある味わいのもの。上からはきめ細かな白胡椒がまぶされている。


うまいんだけど、タレを掛け過ぎてるのかちょっとしょっぱい。キンキンに冷えた白菜の漬物で舌を紛らわせながら食べ進めた。


完食。脂の乗ったやわらかな豚ロースもさることながら、ふっくらと炊けたご飯が確かにうまかった。しょっぱかったけどね。


住所 北海道札幌市中央区南7条西6
電話番号 011-511-6256
営業時間 12:00~20:00
定休日 月曜
駐車場 なし
Webサイト

Blog Archive