31 Oct 2013

ラーメン池田屋 京都一乗寺店

前回からのつづき。
大阪から今度は京都に移動した二階堂。


まずは激安ホテルにチェックイン。
入室するやいなや、背負ったリュックも降ろさずに有料アダルト放送の確認を始める。


・・・などという事をしている場合では無い。
「一乗寺ってラーメン激戦区なんだよ。若者いっぱい居るし」
京都に住む友人の話を思い出し、一乗寺まで来てみた。


激戦区だか何だか分からんが、とにかく二郎っぽいラーメンを食べよう。
そう思った僕は、夜の開店と同時に「ラーメン荘 夢を語れ」に到着。
すでに中は満席で外に10人くらいの待ち客。


本当に疲れていたので並ぶのは諦めた。
「夢を語れ」から徒歩1分、ちょっと遅れて開店した「ラーメン池田屋」に入店。


 豚が入ると急激に高く感じる価格設定。豚、そんな凄いの・・・?


店主さんは気さくな感じで、
常連らしきお客さんと岡山県にある二郎インスパイアの話をしている。


 そしてラーメン小ニンニクカラメがやって来た。
ん・・・?豚が、豚が焼いてあるぞ!スゲェ!超うまそう!


 などと白々しく驚いてみせたが、すでにインターネッツで予習済みだ。
ちらうら!さんという、関西の二郎系をひたすら食べているブログを参考にさせて頂いた。


 いやこれね、むちゃくちゃうまいわ。
タレと豚の旨味が焼くことによってギューっと濃縮されている。脂身が極甘。
「米だ!米持ってこい!」と心の奥底から叫びたくなるもの。


 味はカラメにして正解だったな。このくらいの塩分濃度が今の僕にはちょうどいい。
綺麗に整った形の麺はやや厚め。外側はムチっと中はモソな食感。


焼き豚が入ったせいか、スープが一段と香ばしくなってて超うまい。
これリゾットにして食べたいわー。ごちそうさまでした。


せっかくここまで来たんだから「夢を語れ」でも食べてこうと思ったんだけど、
さらに行列増えててもう体力の限界だった。無念。2日目につづく。


住所 京都府京都市左京区高野玉岡町33-9
電話番号
営業時間 11:30~14:00 18:00~24:00
定休日 木
最寄り駅 一乗寺駅
駐車場 なし
Webサイト https://twitter.com/ikedayakyoto

Blog Archive